最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 真・MFC千夜一夜物語 第185話 MFCで使う用語のお話 その2 | トップページ | 計測技術 5月号 マスフロー千夜一夜物語 “(株)テムテック研究所 相澤社長インタビュー“ »

2015年4月21日 (火)

センシリオン 輸液 液体流量センサー @MEDTEC Japan 2015

今回のEZ-Japan ここでもう一押し!で取り上げるのは、以前姉妹ブログのEZ-Japan BLOGで我が家の赤ちゃんネコを育てる際にCMOS温湿度センサーを使用したお話に登場して頂いたスイスのユニークなCMOSセンサーメーカーのセンシリオン株式会社さんです。

今回、2015/4/22(水)~4/24(金)に東京ビックサイトで行われるMEDTEC Japan ブースNo. 4511 (東6ホール)に出展されます。

MEDTECというのはDecoの関わっていた半導体産業とはまた異なる、医療機器の設計・製造分野をフォーカスした展示会だそうです。
医療機器業界というのは実はマスフロー業界とはあまりご縁がない業界です。
人の生死に関わるリスクを採るという決断は企業として大変な事だからです。
マスフロー、特にMFC(マスフローコントローラ)は、産業機器分野なのですね。

で、どういった展示をされるかを聞いたところ・・・このカタログを頂きました。

150420_01


150420_02


医療用チューブ使い捨て液体流量センサー と書いてあります。
「えっ!使い捨てにしちゃうの?流量センサーを!!」
と驚くのは、やはりDecoが門外漢の故でしょうか?
よく考えれば人体に注入する訳ですから、一度別の人に使ったチューブを、また別の人に使い回す訳にはいかないのです。
とはいえ温湿度センサーと同じCMOSチップ化した流量センサーでしょうが、これを使い捨てとは・・・

だからといって性能は決して劣ったものではなく、μl/hレベルの微少流量を検知可能
しかも、双方向、つまり逆流も測れます。
そして、40msecの高速応答性能。 当然CMOSセンサーは液体に非接触、不活性な材料で流路を構成して汚染を防止。
おまけにチューブが外れて液が漏れ出てしまった場合=フリーフローや、チューブが折れ曲がって流れが止まった状態も検出させる事が可能とのことです。

確かにセンシリオンさんの液体センサーは、熱式でありながら石英ガラスや石英流路の外壁に取り付けて、非接触で流量を測れる優れものですから、こういった説明も頷けます。 そして、ここまで来て、
「待てよ、CMOS温湿度センサーはバッテリー駆動だったよね・・・」
と、猫たちの可愛かった幼少の頃の記憶と共に思い出したDecoとしては、これは確認してみなくては!と思いました。
「今のところ外部からの電源供給ですよ。」
というセンシリオンさんからの回答を聞きながらも、
「熱センサーと言ってもCMOSでピンポイントにわずかな熱量だからな・・・」と邪推するのが、職業病全開でいけませんね。

是非、興味を持たれた皆さんは東京ビックサイトへGO!です。
「医療機器には関係ないよ」という貴方も、液体計測の大きなパラダイムシフトを体験できるかもしれませんよ。

【EZ-Japan ここでもう一押し!】by Deco EZ-Japan

« 真・MFC千夜一夜物語 第185話 MFCで使う用語のお話 その2 | トップページ | 計測技術 5月号 マスフロー千夜一夜物語 “(株)テムテック研究所 相澤社長インタビュー“ »

ここでもう一押し!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592191/61473057

この記事へのトラックバック一覧です: センシリオン 輸液 液体流量センサー @MEDTEC Japan 2015:

« 真・MFC千夜一夜物語 第185話 MFCで使う用語のお話 その2 | トップページ | 計測技術 5月号 マスフロー千夜一夜物語 “(株)テムテック研究所 相澤社長インタビュー“ »

最近の写真

  • 170807_02_2
  • 170425_02
  • 170801_03
  • 170801_01
  • 170801_02
  • Bronkhorst18_2
  • Bronkhorst17_2
  • Pts001ext_02_2
  • 170711_01_2
  • 170711_01
  • Massflowblower
  • 170702_01