最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« EZ-Japan 開業しました! | トップページ | 四国計測工業株式会社 高効率熱交換器 EXシリーズPart2 »

2014年6月 9日 (月)

ITWジャパン株式会社 日本企業のプラント運営を成功に導く海外進出サポート

BROOKSブランドのマスフロー、流量計、真空計の老舗ITWジャパン株式会社(ブルックスインスツルメント)のHPから ↓をクリック

ITWジャパン株式会社(ブルックスインスツルメント)日本企業のプラント運営を成功に導く海外進出サポート

「あそこは外資だからなぁ・・・」
そんな台詞を国内の現場で聞きます。
日本とアメリカ、EU、皆が共通の規格でモノを作っているわけではありません。
JISとANSI、SI単位とヤードポンド、そして各国毎の安全規格の認証・・・

少し前、日本国内の助要が大きかった頃は、それでも外資メーカーは日本の仕様に対応してくれました。
あくまで顧客特別仕様としてですが・・・
ところが昨今、日本国内の投資額が激減すると、それに応じて顧客特別仕様は"Japan Unique"(ジャパンユニーク)という名で呼ばれるようになり、日本でも半ば自嘲的に”ガラパゴス”とまで言われるようになってしまいました。

ここで「あそこは外資だからなぁ=対応してくれないよね。」という台詞が出てきます。

*MFC(マスフローコントローラ)でその極致は1/4”VCRタイプ106mm面間のMFCです。 そういったMFCはアメリカにはありません。

でも、海外進出した場合、今度はその台詞がひっくり返ることになります。
国内メーカーは、海外の規格こそが特別仕様ですし、商慣習も全く異なり、色んな安全規格への対応等も後手に回りがちです。
昨今のBRICs諸国への投資では、それが顕著に出てきます。

「ロシアや中国の規格?それはまずどこにヒアリングすればいいんだっけ??」
中国のNEPSI、インドのCCOE、ロシアのGOST-R・・・各国にある色んな規格を網羅するのは至難の業です。

ここで逆転現象が起きます。
ワールドワイドで、しかも色んな業界に入り込んでいるBROOKSブランドを擁する日本法人であるITWジャパン株式会社は、世界各国に拠点と連携し、日本企業のBRICS進出のお手伝いをされています。

「あそこは外資だからなぁ・・・」 という台詞が全く逆の意味で使われるビジネスもあるのですね。
「あそこは外資だからなぁ=海外対応はすごいね!」

皆さん ビジネスで関わる会社のある一面だけを見ていませんか?

EZ-Japan MFC ニュース by Deco

« EZ-Japan 開業しました! | トップページ | 四国計測工業株式会社 高効率熱交換器 EXシリーズPart2 »

MFCニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592191/59788562

この記事へのトラックバック一覧です: ITWジャパン株式会社 日本企業のプラント運営を成功に導く海外進出サポート:

« EZ-Japan 開業しました! | トップページ | 四国計測工業株式会社 高効率熱交換器 EXシリーズPart2 »

最近の写真

  • 170807_02_2
  • 170425_02
  • 170801_03
  • 170801_01
  • 170801_02
  • Bronkhorst18_2
  • Bronkhorst17_2
  • Pts001ext_02_2
  • 170711_01_2
  • 170711_01
  • Massflowblower
  • 170702_01