最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月29日 (水)

真・MFC千夜一夜物語 第149話 MFC最大の弱点とは・・・ その13

MFC(マスフローコントローラー)もう一つの最大の弱点は急峻な圧力変動でした。
前回は古い世代のMFCを持ち出して「急激な圧力変動が上流で生じる場合、MFCにノンビリ屋のバルブ=動じないバルブがあれば、この問題はクリアできる」という可能性をお話ししました。

実際どうすればいいのだろう?と思われると思いますが、こんなMFCがあればいいことになりませんでしょうか?

 

続きを読む "真・MFC千夜一夜物語 第149話 MFC最大の弱点とは・・・ その13" »

2014年1月22日 (水)

真・MFC千夜一夜物語 第148話 MFC最大の弱点とは・・・ その12

MFC(マスフローコントローラー)もう一つの最大の弱点は急峻な圧力変動でした。

今回からは対策その3として、MFCに圧力変動対策機能を搭載したモデルのご紹介とお話をしましょう。
と、言っても、MFCに対策1のようなラインレギュレーターを積むわけでも、対策2のようにタンクを取り付けるわけではありません。
正直、面間寸法(横幅)を大きくすれば実現することは可能ですが、あまりにMFCに近い場所に取り付けても、バッファーとしての効果が少ないので、わざわざ取り付けるほどの効果は無いからです。

 

続きを読む "真・MFC千夜一夜物語 第148話 MFC最大の弱点とは・・・ その12" »

2014年1月15日 (水)

真・MFC千夜一夜物語 第147話 MFC最大の弱点とは・・・ その11

2014年1月9日午後2時10分ごろ、三重県四日市市三田町の三菱マテリアル株式会社 四日市工場内で熱交換器のメンテナンス作業中に爆発事故が起き、5人が死亡、12人が重軽傷を負われるという痛ましい事故が発生しました。
亡くなられた方々の冥福と、負傷された方々の一刻も早い回復をお祈りすると共に、このような事故が繰り返されないような再発防止策の実施を切に願います。
MFCも一歩間違えばこういった人命に関わる大事故を引き起こす可能性がある機器です。
消して他山の石とせず、流体計測&制御の中で少しでも皆様の安全向上にお役に立てる記事掲載を心がけていきたいと考えております。


MFC(マスフローコントローラー)もう一つの最大の弱点は急峻な圧力変動でした。
この問題への対策その1はラインレギュレーターを設置することでしたが、では対策その2は何でしょう?
それはMFCの上流に圧力変動を吸収するバッファー(緩衝材)を置くことです。
ガスの急激な変動のショックを受け止めるショックアブソーバーですね。
でも、見えない存在のガスを受け止める緩衝材と言っても、トランポリンやラバー素材ではありません。それはタンクです。

続きを読む "真・MFC千夜一夜物語 第147話 MFC最大の弱点とは・・・ その11" »

2014年1月 8日 (水)

真・MFC千夜一夜物語 第146話 MFC最大の弱点とは・・・ その10

新年明けましておめでとうございます。
昨年から始めました真・MFC千夜一夜物語も、お陰様で146話を迎えております。
思えば昨年2月、病のリハビリ中に始めたブログ連載でしたが、ここまで続ける事ができましたのも、ひとえにアクセス頂いている皆様方のお陰と感謝いたしております。

本ブログでは、週一ペースで更新しております真・MFC千夜一夜物語ですが、本年は新しい媒体での展開も予定されております。時期が参りましたら、皆様にご報告申し上げますので、宜しくお願いいたします。

**************************************************

MFC(マスフローコントローラー)もう一つの最大の弱点は急峻な圧力変動でした。
この問題への対策その1はラインレギュレーターを設置することというお話でしたが、
「調圧器(レギュレーター)の仕組みが今ひとつよくわからないです。」という声を頂きましたので、今回は脱線してレギュレーターの構造のお話です。

 

続きを読む "真・MFC千夜一夜物語 第146話 MFC最大の弱点とは・・・ その10" »

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

最近の写真

  • 171211_01_3
  • Semicon_japan_2017_holland_highte_3
  • Semicon_japan_2017_holland_highte_2
  • Semicon_japan_2017_holland_hightech
  • 171204_01
  • 171211_01_2
  • 171211_01
  • 171207_04
  • 171207_03
  • 171207_01_2
  • 171207_01
  • 171207_02