最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« さいたまで美味しいパンを食べたいならパンテックさん! | トップページ | 真・MFC千夜一夜物語 第146話 MFC最大の弱点とは・・・ その10 »

2013年12月25日 (水)

真・MFC千夜一夜物語 第145話 MFC最大の弱点とは・・・ その9

MFC(マスフローコントローラー)もう一つの最大の弱点は急峻な圧力変動でした。
では、どうすればこの問題を解決できるのでしょうか?

 対策その1は各MFCの上流にラインレギュレーター(調圧器)を設置することです。

 調圧器には2種類あります。
1つはボンベレギュレーターです。
読んで字のごとくガスボンベ用のレギュレーターです。
ボンベの上にある二つ目玉(圧力計)付のバルブのようなものの姿を見たことがある方は多いのではないでしょうか? 

 

ところで、ボンベの充填圧(内部のガス圧)はいくらかご存じでしょうか?
当然使えば使うほど減っていくのですが、例えばN2(窒素)ガスボンベでしたら満タンで14.7MPaの充填圧です。
このような高圧のガスをそのまま使うのは危険ですね。
多くの国産MFCの耐圧が1MPaであることからしても、これがMFCの損壊に繋がる事だと直感頂けるかと思います。
ボンベレギュレーターは、こういった高い圧力を0.1MPa程度の低圧に調整してくれる役割を果たしています。
*この仕組み自体は、レギュレーターメーカーさんのHPやカタログに詳しいので、ご確認下さい。

 それに対してラインレギュレーターは、これも名前の通り、ガスラインの途中、特にガスを分岐した直後に設置することが多いです。
このラインレギュレーターの役割は、多系統にガスを分岐した際のライン毎の消費量の変動による圧力降下を緩和する役割です。
急峻な圧力変動に弱いMFCですが、緩やかで小さな圧力変動は徐々にバルブ開度を変えることでほぼ影響を受けません。
そして、ラインレギュレーターで緩和された圧力変動ならば、少しは暴れることがあってもすぐに制御を取り戻せるのです。
いわばラインレギュレーターが圧力変動からMFCを庇ってくれているという構図です。

131225_01

 余談ですが、ラインレギュレーターはもう一つ非常に大事な役割をMFCに対して果たしてくれています。
それは、ボンベレギュレーターが何らかの不具合を抱えた時に、MFCにボンベの圧力がストレートにかかることを防ぐ役割です。
海外のMFCメーカーの耐圧は10MPaとか30MPaあるものが多いです。
それに対して国産のMFCは、先ほどお話ししましたように、ほとんど1MPa・・・
やけにサムライMFCが柔なイメージですね・・・これではラインレギュレーターに庇ってもらわないと・・・

131225_02

 う~ん、その理由は実は別の所にあって、本当にそこまでヤワでもないのですが・・・
この件をどうしても聞きたい!という方は、Decoと直接お話しできるようなタイミング、講習会などの質疑応答でコソっと聞いてみて下さい(苦笑

ただ、こと耐圧という破壊に関わるスペックだけに誤解を招くような説明はしたくありませんので、ここはあくまで耐圧保証値として額面通り受け取って下さい。
絶対に耐圧を超える圧力をMFCにかけないで下さいね!
命に関わる重大な事件が発生してからでは遅いのですから。

最後は脱線してしまいましたが、「急峻な圧力変動への対策その1 ラインレギュレーターを置く」のお話でした。

【あなたにMFCの夜が来る~真・MFC千夜一夜物語】 by Deco EZ-Japan

« さいたまで美味しいパンを食べたいならパンテックさん! | トップページ | 真・MFC千夜一夜物語 第146話 MFC最大の弱点とは・・・ その10 »

真・MFC千夜一夜物語(第2期)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592191/58820073

この記事へのトラックバック一覧です: 真・MFC千夜一夜物語 第145話 MFC最大の弱点とは・・・ その9:

« さいたまで美味しいパンを食べたいならパンテックさん! | トップページ | 真・MFC千夜一夜物語 第146話 MFC最大の弱点とは・・・ その10 »

最近の写真

  • Bronkhorst_mfc
  • 170613_01_2
  • Mini_coriflow_m
  • 161205_02
  • Sli03
  • Sli01_2
  • 170529_03_2
  • 170529_02_2
  • 170529_01
  • 170522_03
  • 170522_02
  • 170522_01