最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 真・MFC千夜一夜物語 第70夜 エラストマーって何なの? | トップページ | 真・MFC千夜一夜物語 第72夜 火を噴くマスフロー事件<前編> »

2013年6月19日 (水)

真・MFC千夜一夜物語 第71夜 種類が色々あるけど使い分けは?

 MFC(マスフローコントローラー)のシール材「ラバーシール(エラストマーシール)」には色んな材質があるというお話をしました。

どう使い分けたたらよいか?これには色んな考え方はあると思いますが、Decoの知見での一般例としてご説明します。

フッ素樹脂系のフッ素ゴムがMFCのシール用で好んで使用される理由は、比較的高温に耐え、なおかつ化学薬品にも反応しない材料だからですが、その傾向には材質による差があります。例えば・・・

バイトン®(Viton®)  FKM 汎用性とコストからよく使用されるが、反面使用できない流体も多い

カルレッツ®(Kalrez®)   FFKM  酸、アルカリ、アルコールを問わず高い耐薬品性を持つが、その分コストも高い

ネオプレン® (Neoprene®) CR  酸、アルカリ、アルコールに高い耐薬品性を持つが、トルエン等の溶剤系には弱い。バイトン®の弱いNH3などに代用で使用される

上記は一般的な傾向で、詳細はエラストマーシールのOリング材質を選定する上では各Oリングメーカーに確認が必要です。その際は、①流体名(液体or気体?)②使用温度③圧力条件④他の物質が混入する可能性の有無を検証し、明確にしておかないといけません。

当然、エラストマーシールのMFCを購入される際も上記内容を必ずメーカーに相談いただいてからでないと、とんでもない事故につながります。なぜなら、不適切な材質を使用した場合、エラストマーシールOリングの特性として膨潤が起こり、やがてはシール性能が失われるからです。すなわち外部リークの発生を意味するからです。

それにOリングは永久に使用できる材質ではありませんし、傷も付きやすい物です。MFCの場合は本来あり得ませんが、頻繁に脱着したりする場合などは、取り扱いに注意する必要があります。MFCメーカーでは修理・オーバーホールで返却された製品を再組立する際には、汚れや傷の有無にかかわらず必ず新しいOリングに交換しています。

Decoの経験した話ですが、MFCからリークするとクレームを受けて伺ったところ、実は継手をお客様が違う種類の継手に交換しようとして失敗されていた事がありました。新しい継手を装着後、外部リークを恐れて思いっきり締めたのはいいのですが、Oリングが所定のセット位置からずれた状態で装着し締めこんでしまった為、挟み込まれてねじ切れる寸前になっていた事がありました。それではもちろんガスは漏れまくりですし、さすがにここまではMFCの責任ではありませんね?

また、設計の悪いMFCと言うか、教科書的な設計に対する企業として製造経験上のフォローが上手いっていないような場合、リングのつぶししろの設定が悪く正常にOリングをセットして締めても継手ネジ部に噛み込む不具合が起きたこともあります。そもそもネジというのは回転しながら前進する物であり、そこにガスケット的な設計をされているOリングを使用するのは、一筋縄では行かないところがあります。ボディのOリング受けの部分を上手く処理しておかないと、金属と比べれば柔らかく変形しやすいOリングは容易にネジ部に噛み込まれる危険性があるのです。

簡単なようで案外難しいOリングの選定、次回はそれで危うく大事故を起こしかけたDecoのお話です。

【あなたにMFCの夜が来る~真・MFC千夜一夜物語】 by Deco EZ-Japan

« 真・MFC千夜一夜物語 第70夜 エラストマーって何なの? | トップページ | 真・MFC千夜一夜物語 第72夜 火を噴くマスフロー事件<前編> »

真・MFC千夜一夜物語(第1期)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592191/57609679

この記事へのトラックバック一覧です: 真・MFC千夜一夜物語 第71夜 種類が色々あるけど使い分けは?:

« 真・MFC千夜一夜物語 第70夜 エラストマーって何なの? | トップページ | 真・MFC千夜一夜物語 第72夜 火を噴くマスフロー事件<前編> »

最近の写真

  • 171211_01_3
  • Semicon_japan_2017_holland_highte_3
  • Semicon_japan_2017_holland_highte_2
  • Semicon_japan_2017_holland_hightech
  • 171204_01
  • 171211_01_2
  • 171211_01
  • 171207_04
  • 171207_03
  • 171207_01_2
  • 171207_01
  • 171207_02