最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 真・MFC千夜一夜物語 第28夜 層流素子が不要なマスフロー | トップページ | 真・MFC千夜一夜物語 第30夜 大流量MFCの秘密=バイパス(層流素子)とは? »

2013年4月 8日 (月)

真・MFC千夜一夜物語 第29夜 僕達って何もかもがビックサイズ?

MFC(マスフローコントローラー)の用途は多岐にわたりますが、その中に大流量制御を必要とする用途が種々あります。

ここで言う大流量とは、50SLM以上の流量域のことです。(MFC以外の流体制御の世界では、50L/min程度は大流量ではないという世界あります。)

なぜ50SLMで区切るかといいますと、MFCの構造が大きく変わる節目が、このあたりの流量レンジからだからです。

では、どこが変わるのでしょうか?

具体的には、流量制御バルブとアクチュエータ、バイパス(層流素子、分流素子)、MFCのボディサイズ自体と、MFC前後に配置された直管部分の有無です。

 そう言われても実際に1000SLMレベルの大流量MFCを見たことがない方々にはイメージが沸きにくいかと思います。

 こういった大流量用MFCで人間の目に訴えるのは、やはり見た目=物のサイズです。比較しますと通常のMFC1/4インチ配管で接続されたお弁当箱サイズなのに対して、大流量用は1/23/4インチの配管接続です。

絵で描きますと、こんな感じです。

130408_01

 そして、もっと大きな流量になると、それ以上のサイズ・・・太く長い配管というより太い筒の付いた重たい金属の塊です。まるで戦争映画に出てくるバズーカ砲と言っても過言ではない大きさなのです!

 昔の話で恐縮ですが、Decoがまだ若かりし日、真夏にレンタカーに2台の大流量MFCを積んで、1日がかりで納品に行った事があります。前後の直管部分を入れると、普通のワゴン車ではカーゴルームからはみ出してしまうくらいのもので、重さも一人で2台を担ぐのは悲鳴をあげるくらいのものでした。

 暑い中、ヒーヒいいながら積み込み、製品にもしもの事がないように慎重に運転して、やっとお客様の工場に着きました。

ところが、たまたま構内で車を動かせない時間帯だったのか?理由ははっきり覚えていないのですが、とにかく駐車場から現場まで、とても大きな工場だったのなんと1kmくらい!2本のバズーカ砲を担いで歩く事になりました!途中から大汗をかいて、半ば意識が朦朧とする仕事でした。お客さんが気づいて台車を持って来て下さらなかったら、脱水症状で倒れていたかもしれませんね。

 それでもがんばったのは、お客様がお困りで「なんとかその日に品物を届けなければ!」ということもあったのですが、実は大流量MFCは、その大きさに比例してお値段もなかなかいいものでして・・・若き営業マンDecoはそれに目がくらんでしまっていたのですね!

さて、そんなサイズも値段もビックサイズな大流量用MFC。

次回からは、その構造に秘められた工夫の数々と、不思議をお話ししましょう。それでは。

 【あなたにMFCの夜が来る~真・MFC千夜一夜物語】 by Deco EZ-Japan

« 真・MFC千夜一夜物語 第28夜 層流素子が不要なマスフロー | トップページ | 真・MFC千夜一夜物語 第30夜 大流量MFCの秘密=バイパス(層流素子)とは? »

真・MFC千夜一夜物語(第1期)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592191/57131171

この記事へのトラックバック一覧です: 真・MFC千夜一夜物語 第29夜 僕達って何もかもがビックサイズ?:

« 真・MFC千夜一夜物語 第28夜 層流素子が不要なマスフロー | トップページ | 真・MFC千夜一夜物語 第30夜 大流量MFCの秘密=バイパス(層流素子)とは? »

最近の写真

  • 170622_salestraining3
  • 170622_salestraining2
  • 170622_salestraining5
  • 170622_salestraining4
  • Bronkhorst_mfc
  • 170613_01_2
  • Mini_coriflow_m
  • 161205_02
  • Sli03
  • Sli01_2
  • 170529_03_2
  • 170529_02_2