最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第3夜 MFCを巡る質量と体積の三角関係 Part1 | トップページ | 真・MFC千夜一夜物語 第5夜 MFCを巡る質量と体積の三角関係 Part3 »

2013年2月12日 (火)

真・MFC千夜一夜物語 第4夜 MFCを巡る質量と体積の三角関係 Part2

Decoはいわゆる「昭和歌謡」で子供の頃を過ごした世代です。

そのため“~ Part2”というと「バカにしないでよ~」の山口百恵“プレイバックPart2”が頭に浮かんできちゃいますね。すいません。古くて・・・

 今回は「流量」 それも「体積流量」のお話しです。

流量とは、単位時間当たりに流体(気体、液体)が移動する量を表します。

この表し方には2種類ありまして、1つが「体積流量」。

一般に「流量」と表現する場合は実は、この体積流量の事を指す場合が多いです。

この体積流量という単位で少し厄介なのは、気体に用いる場合温度、圧力により体積が変化する圧縮性があることです。液体は圧縮性がないわけではないが、非常に小さいので無視してもかまわないと思います。一例を挙げるなら、空気で膨らませた風船を小さくすることはできても、水で膨らませた風船はなかなか小さくできないでしょ?

その為、体積流量では 温度、圧力の状態を考慮して表す必要があります。この考慮するときに有名な「ボイル・シャルルの法則」=「ある質量の気体の体積[V]は、絶対圧力[P]に反比例し、絶対温度[T]に比例する」が登場しますが、詳細は割愛しておきます。「気体の質量は常に1つであるのに対して、体積は温度、圧力のマトリクス上で無数に存在する。」とだけ理解下さい。

 

体積流量の単位は、国際単位系(SI単位)では立方メートル毎秒(m3/s)を用いるとされており、他には立方メートルをリットルに、秒を分に置き換えたL/minといった単位もあります。

ただ、先ほどの温度・圧力という強面の方々の影響がありますので、「気体の場合は、温度、圧力のマトリクスで「ある温度」と「ある圧力」時の体積を基準にして表しましょう。」という約束事を決めています。

 

一般的な基準・標準状態として以下の2つが挙げられます。

0273K)、1気圧(101.3hPa)=基準状態:Normal(ノルマル)

20293K)、1気圧(1013hPa)=標準状態:Standard(スタンダード)

単位としてはNL/minとかSL/minが用いられていますが、本来計量法ではSI単位のN(ニュートン)との混同を避けるため、L/min[stp] L/min [ntp]等と表しているそうです。

 

では、次回は「質量流量」です。これはどうやら「不変」がキーワードになりそうですが、

ここで「バカにしないでよ~」的な怪しい三角関係がもつれて、爆発しそうな予感が・・・・

 【あなたにMFCの夜が来る~真・MFC千夜一夜物語】 by Deco EZ-Japan

« 第3夜 MFCを巡る質量と体積の三角関係 Part1 | トップページ | 真・MFC千夜一夜物語 第5夜 MFCを巡る質量と体積の三角関係 Part3 »

真・MFC千夜一夜物語(第1期)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592191/56749919

この記事へのトラックバック一覧です: 真・MFC千夜一夜物語 第4夜 MFCを巡る質量と体積の三角関係 Part2:

« 第3夜 MFCを巡る質量と体積の三角関係 Part1 | トップページ | 真・MFC千夜一夜物語 第5夜 MFCを巡る質量と体積の三角関係 Part3 »

最近の写真

  • 171015_02
  • 171015_01
  • 171010_01_4
  • 171010_03_2
  • 171010_02
  • Bronkhorst15_2
  • 171003_05_2
  • 171003_03_2
  • 171003_04_2
  • 171003_01
  • Mini_coriflow_m_2
  • 170918_01