最近のトラックバック

無料ブログはココログ

真・MFC千夜一夜物語 ~ 当ブログのご案内です

アクセス頂き、ありがとうございます。
当ブログは以下のコンテンツで構成しております。

Elflow_prestige_application

<マスフローコントローラ 出典:ブロンコスト・ジャパン(株)>


真・MFC千夜一夜物語(第1期 1~135話) 

商用ブログに数年に渡って連載してきた「MFC千夜一夜物語シリーズ」(MFC千夜一夜物語&新・MFC千夜一夜物語)全135話を「真・MFC千夜一夜物語」としてアップデート、リマスター作業を行ったものです。

真・MFC千夜一夜物語(第2期 136話以降)
2013年10月からは完全新作「真・MFC千夜一夜物語(第2期)」として始めさせ頂いています。原則週1回の更新を目処に、まだ触れていない部分や、皆様からの疑問・質問等を題材に取材を行い、更に掘り込んでいきたいと思っています。

EZ-Japan MFCニュース
MFCや関連業界のニュースをピックアップして、紹介記事を書かせて頂くコーナーです。

EZ-Japan ここをもう一押し!
MFCや周辺機器で皆様にご紹介したいメーカーさんや製品を取り上げるコーナーです。


<リンク>

EZ-Japan HP マスフロー千夜一夜物語
2016/11/1から開設しましたEZ-Japanのホームページです。
おすすめ製品に関する記事や、各ブログのリンク等、EZ-JapanのWEB活動の母艦的な存在です。

EZ-Japan BLOG since 2017
本ブログの姉妹サイトです。真・MFC千夜一夜物語の並行連載、Decoの闘病体験やダイエット日記、営業研修などの活動記録になっています。
*2017年に FC2 blog から現在の livedoor blog へ引越させて頂きました。

日本工業出版(株) のHP 
日本工業出版さんの「計測技術」誌で、マスフロー千夜一夜物語<質量流量計の基礎>というタイトルで連載をさせて頂いてます。

EZ-Japan by Deco

2019年1月17日 (木)

EZ-Japan MFCニュース“半導体製造ガス流量ワーキンググループ(SGF-WG)の説明会”

さる1/11(金) 国立研究開発法人 産業技術総合研究所(産総研) 臨海副都心センター 別館11階 会議室2(〒135-0064 東京都江東区青海2-3-26)にて、半導体製造ガス流量ワーキンググループ(SGF-WG)の説明会が行われ、参加してきました。

 

産総研 NMIJ (計量標準総合センター:National Metrology Institute of Japan の略称) 流量計測クラブの傘下のWGとなるのですが、設立の背景に関して簡単にご説明しましょう。

 

» 続きを読む

2019年1月15日 (火)

最近の若いマスフローの営業は・・・

はい、久しぶりのDecoの言いたい放題”マスフロー徒然日記”です。

Decoもデビューして二十数年、気が付くと「最近のマスフローの営業はたるんどるよ」等とジジイ臭い独り言を言ったりするようなったのですが、「一線から離れたロートルが、偉そうに何言ってんだかw」と笑い飛ばしておいてください。

先週末、知り合いと昔話をする機会がありまして、そこで思ったのですが、
「最近の若いマスフローの営業は・・・正直大変です。」

» 続きを読む

2019年1月 8日 (火)

新年のご挨拶&真・MFC千夜一夜物語 第267話 コンバージョンファクターは1つではない その4

2019年 亥年 新年あけましておめでとうございます。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?

190107_01

本年もマスフローコントローラ(MFC)&マスフローメーター(MFM)に関する記事を定期的にアップしていきたいと思っております。
どうぞ当ブログを宜しくお願いいたします。


2019
年一回目の更新は、真・MFC千夜一夜物語 で、ラスボスCFとの戦いの第4回目をお届けします。

 

» 続きを読む

2018年12月25日 (火)

2018年末に当たって~年末年始休業のご案内

2018年も最後の更新となりました。
今年もお会いした読者の方々から、「ブログ読んでます!」「計測技術、楽しみにしてます!」というお声に力を頂けました。
EZ-Japan_logo_140917_01

年内最後の 日本工業出版(株)計測技術 1月号のマスフロー千夜一夜物語~質量流量計の基礎~ は、特殊記事との兼ね合いで休載です。
原稿執筆は既に51回まで脱稿していますので、来年の2月号以降をお楽しみに!

» 続きを読む

2018年12月18日 (火)

真・MFC千夜一夜物語 第266話 コンバージョンファクターは1つではない その3

もう一つのMFC千夜一夜物語が掲載されている日本工業出版さんの「計測技術」 2018年12月号(11/26発売)では、マスフローのゼロシフトに対するゼロ調整に関して解説しています。

本ブログと併せてお読み頂けましたら、幸いです。

 

さて、本物語のラスボスの一つ“CFの信憑性”との戦いの最中です

前回はCFへの温度影響を確認しましたが、今回は圧力影響に関してです。

Bronkhorst HIGH-TECH B.V.(以下ブロンコスト)がWEBで提供している“FLUIDATⓇonthe Net”(以下FLUIDAT) を使って今度は、ガスをアルゴンにして解説しましょう。





» 続きを読む

2018年12月13日 (木)

Holland High Tech Pavilion Seminar (オランダ ハイテク セミナー)

本日はセミコン・ジャパン2018 2日目です。
ブログも号外です!
181213_02


今回のオランダハイテクパビリオン(東ホール1 1602)の参加企業の一員として、ブロンコスト・ジャパン(株)さんの企業紹介がありますので、セミコン会場にお越しになるようでしたら、是非ご来場ください。


» 続きを読む

2018年12月10日 (月)

今週はセミコン・ジャパン2018 と KEIO TECHNO-MALL 2018 です!

今週12/12(水)-14(金) 10:00~17:00 東京ビッグサイトで催される セミコン・ジャパン2018 のオランダ大使館ブース” Holland High Tech Pavilion " (オランダ ハイテク パビリオン 東ホール1、ブース No. 1602)に、オランダのマスフローメーカーとしてブロンコスト・ジャパン(株)さんが出展されます!

181210_02

» 続きを読む

2018年12月 4日 (火)

真・MFC千夜一夜物語 第265話 コンバージョンファクターは1つではない その2

もう一つのMFC千夜一夜物語が掲載されている日本工業出版さんの「計測技術」誌 2018年12月号(11/26発売)では、マスフローのゼロシフトに対するゼロ調整に関して解説しています。

本ブログと併せてお読み頂けましたら、幸いです。

 

さて、本物語のラスボスの一つがやっと現れたのですが、CFというものがどれくらい厄介で一筋縄ではいかないのか?をご理解いただくのに、何個か例を挙げて解説しましょう。

以下はおなじみの熱式流量センサーの一般例と流量式です。

181203_01
 

» 続きを読む

2018年11月27日 (火)

真・MFC千夜一夜物語 第264話 コンバージョンファクターは1つではない その1

もう一つのMFC千夜一夜物語が掲載されている日本工業出版さんの「計測技術」誌

201812月号(11/26発売)では、マスフローのゼロシフトに対するゼロ調整に関して解説しています。

本ブログと併せてお読み頂けましたら、幸いです。

 

さて、2018年の最後のシリーズになるのは、業界の偉大な先達が「マスフロー(マスフローコントローラ(MFC)、マスフローメータ(MFM)の総称)にとっての、パンドラの箱」と喩えられた程の禁忌・・・というのは大げさかもしれませんが、それ程の難解かつ悩ましい内容であるコンバージョンファクター(CF)に関するお話です。

 

熱式流量計は、流体の物性である比熱をその流量式に組み込んでいます。

その為、同じ質量流量計に分類されるコリオリ式流量計のように流体が何であるか?不明な状態では正確な流量測定ができない弱点があり、その意味で「限定した条件下での質量流量計です」というお話は何度かこのブログで触れています。

» 続きを読む

2018年11月20日 (火)

第56回燃焼シンポジウムに行ってきました

去る11/14(水)~16(金) 一般社団法人日本燃焼学会主催の第56回燃焼シンポジウムが 大阪府堺市の堺市産業振興センターで開催されました。
場所は南海高野線の中百舌駅と 地下鉄御堂筋線のなかもづ駅からすぐ近くの便利な場所でした。

181120_01

早いもので昨年の富山の第55回 からもう1年が経過したのですね。
今年も機器展示にはブロンコスト・ジャパン(株)が出展・参加されたので、中日の15日午後からEZ-Japanも応援参加させて頂きました。


» 続きを読む

«BRIGHTはいいですよ!

最近の写真

  • 190107_05
  • 190107_04
  • 190107_03
  • 190107_02
  • 190107_01
  • 181218_05
  • 181218_04
  • 181218_03
  • 181218_02
  • 181218_01
  • 181210_01_3
  • 181210_02